クリアートはどのようにしてシミをなくしていくのか。プロセスを追ってその効果をご説明します。


クリアートはシミを無くす為に作られた一点集中型の美容製品です。
ここではシミがどういった原因で生まれていくのか、そして超強力な美白成分である安定型ハイドロキノンを配合したクリアートが、どのような効果をもたらすのかを詳しく調べてみました。
これまでシミ対策をしてきたけどなかなか消えない、レーザーで消すのも怖いしお金がかかる…といった悩みの方は是非チェックしてみてください。

>>クリアートの詳細はこちら

シミについて


シミというのは皮膚の中にあるメラニン色素が抜けなくなり沈着してしまった状態のものを言います。
いつもメラニンが悪者になってしまいますが、そもそもメラニンとは紫外線から肌細胞を守るために作られるものです。
太陽の下で長時間紫外線を浴びたときなどにメラニンが活発に生成されていきまが、通常は新陳代謝(ターンオーバー)の働きで28日間で肌が入れ替わり元の肌の色に戻っていきます。
しかし様々な原因からターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、28日よりも早く肌が入れ替わってしまった肌は質の悪いものとなってしまいます。
そのような細胞は弱く乾燥しやすくなり、ダメージを受けやすくなります。
逆に28日で入れ替わるはずの肌がそれ以上経ってしまうと表面が黒ずんでしまいシミとなるのです。

シミが生まれる原因

シミが生まれる原因として大まかに言うと、メラニンの生成に関わる事、そしてターンオーバーの乱れという二つの原因があります。

メラニン生成

①紫外線でメラニンが生成

シミの多くは紫外線によるものです。外で紫外線を浴びてメラニンが生成され細胞内に蓄積されていきます。それによって紫外線から細胞を守る働きを作り出しますが、場合によっては色素沈着を起こしてシミができてしまいます。

②ニキビによる原因

ニキビの跡が残ってしまった場合、放っておくとシミになることがあります。ニキビの炎症によって細胞が刺激されて大量のメラニンが生成。それが排出できずに沈着してシミになってしまいます。

③間違ったスキンケアによるもの

洗顔やスキンケアで肌を擦りつけることで肌にダメージを与えてしまい、それが原因となることがあります。肌の擦れなどで角質層が傷つくと、乾燥肌が進んでメラニン色素が沈着しやすくなります。肌への刺激をデリケートにしなければ、直接的にシミやニキビなどのトラプルにつながってしまいます。

④ホルモンバランス

ストレスや生活習慣の乱れ、さらに妊娠によってホルモンバランスが崩れると肌が敏感になりダメージを負いやすくなります。その結果紫外線のダメージを受けやすく乾燥肌になりメラニン色素が沈着しやすくなったり、メラニンが増加しやすくなります。

ターンオーバーの乱れ

①乾燥

肌が乾燥すると角質層が硬くなり、古い細胞が肌の表面に溜まってきます。そして紫外線を受けやすくなり、その結果乾燥が進むという悪循環を招いていきます。さらに乾燥によりコラーゲンが減少し、メラニンが肌に残りやすくなります。

②加齢によるもの

老化により肌にダメージが負いやすくなり、代謝も悪くなることから肌細胞のターンオーバーがうまくできなくなっていきます。その結果メラニンを排出しにくくなりシミができてしまいます。

③睡眠不足

睡眠不足により代謝が悪くなりターンオーバーが遅くなってしまいます。成長ホルモンは夜の10~2時に活発になるので、その間に寝ている事が重要です。

④喫煙

タバコによりメラニンを抑えるビタミンCが減少し、結果的にメラニンを生成しやすくなります。そしてニコチンがターンオーバーを送らせてメラニンを排出できなくなってしまいます。

クリアートの効果

メラニンの生成、そしてターンオーバーの乱れがシミを発生させる原因としてお分かりいただけたかと思います。
上記項目からシミを防ぐために対策を練ることはできますが、一度出来たシミを消すというのは難しい事。
ではそのできたシミを消すためにクリアートがあるのです。
ではクリアートがどのようにシミを消していくのか、プロセスを追ってご説明させていただきます。

STEP1 美容成分の吸収を助ける


油溶性ビタミンC誘導体が肌の中まで浸透。
肌に良いとされるビタミンCは吸収率が低いことが弱点ですが、油溶性ビタミンC誘導体は肌に浸透してからビタミンCに変えていきます。
それにより約30倍の美容成分の吸収率をUP&コラーゲンを作り出すことを助けます。
この効果は43時間も続きます。

STEP2 エネルギー注入して整った肌をつくる


トコフェロール、サトウキビエキス、オレンジエキス、ビルベリーエキス、ビタミンAなど、DNAを守るために必要なエネルギーを注入。
それによって、メラニン色素の沈着をさせない整った肌環境を作り出します。

STEP3 メラニンを破壊!


注目すべきは安定型ハイドロキノン!
肌の内部でシミの原因となるメラニンの生成を抑えてシミに直接働きかけます。
また、STEP1で書いた油溶性ビタミンC誘導体は、日焼けの元となる活性酸素を取り除くもの。
そして一度出来てしまったシミは皮膚に触れるだけでもシミを濃くしたり広げてしまいますが、配合されているアルブチンによりシミの悪化を徹底ブロック!
メラニンの生成、活性酸素を取り除く、シミの悪化をブロック。この三つの効果でメラニン生成のサイクルを遮断!

STEP4 メラニンを皮膚表面に押し出す


シミを消すためには破壊したメラニンを外に押し出す必要があります。
肌の蘇り成分とも言われているレチノールで肌環境を整え透明感を引き出します。
それにより、表皮の深い部分にあるメラニン色素を押し出し、角質層までシミを浮かせていきます。

STEP5 表面まで出てきたシミをピーリング


天然の植物原料により、お肌の表面のシミが角質ごとポロっと取り除かれていきます。

STEP6 ついに綺麗なツヤ肌に♪


ヒアルロン酸やコラーゲンが紫外線などで傷ついた肌を潤し、肌の内側からぷるんとしたハリ、ツヤを与えていきます。
元はシミのあった傷ついた肌は周囲の健康な肌と馴染んでいき、きめ細かなピンとしたハリのある美肌となっていきます。

>>クリアートの詳細はこちら

レーザー治療の危険性


毎日のケアが面倒だしレーザーで一気にシミをとっちゃおう!という人もいるかと思います。
レーザーの種類によってはすぐに効果が現れるものもあります。
しかし、思ったよりもレーザー治療は簡単でも安全でもないものなんです。
そのリスクについてご説明させていただきます。

・シミが濃くなる

一番多いトラブルはやはり濃くなってしまうシミ。
シミの種類とレーザーの種類の相性があり、それを間違ってしまうと悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
それもシミはなかなか判別が難しい場合もあり、間違ったものでのトラブルもあるようです。
こればかりは医者の正しい診断と技量によってしまいます。

・術後のアフターケア

術後は肌が敏感になっているので、紫外線などの刺激に弱くシミができやすい肌になっています。
特に夏だと紫外線が強いので、夏季の施術はお勧めできません。
医者から処方された薬もとり、きちんとしたアフターケアをしなければ悪化する可能性があります。

・今後シミができなくなるわけではない

色素沈着したメラニンを破壊するだけなので、今後も紫外線などを気をつけていかなければまたシミができてしまう可能性があります。
一度取ったから大丈夫ということは無く、引き続き肌のケアをしていく必要があります。

クリアートの効果まとめ


シミがどのように発生するのか、そしてクリアートはどのようにシミを取り除いていくのかがお分かりいただけたかと思います。
クリアートにも肌との相性もあるのでパッチテストは行っていただく必要がありますが、レーザー治療に比べて危険性が低く、安心してお使いいただく事ができます。
美容成分も入れながら、お客様の肌に寄り添うように作られたクリアートはリーズナブルにお試しいただけるのでこの機会にいかがでしょうか♪

>>クリアートの口コミをみてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です