クリアートに配合されているハイドロキノンってどんな成分?

クリアートにはハイドロキノンと呼ばれる成分が配合されています。
このハイドロキノンは非常に優秀なのですが、まだまだ知名度が足りない部分もありますね。
ハイドロキノンを知らない、という人にハイドロキノンの凄さを伝えられればと思います。

皮膚科でも処方される

ハイドロキノンは実は病院でも処方されます。
医師に処方されるものと普通に販売されているものの違いは配合率です。
現在、ハイドロキノンは2%以上配合されていると医師の処方無しに購入することはできません。
そのため、普通に売っているものは2%よりも低い配合率ということになります。

クリアートは強力な美白クリームではありますが、ハイドロキノンの配合率はもちろん2%未満です。
しかし、それでも素晴らしい美白を実現できてしまいます。
クリアートは他にも様々なものを配合しているので一概には言えないですが、わずか2%で効果のあるハイドロキノンは素晴らしいことが分かると思います。

ハイドロキノンが高い理由

ハイドロキノンを購入しようとすると非常に高いです。
皆さんの中にもハイドロキノンクリームを購入した人はいると思いますが、その値段の高さに頭を抱えた人も多いのではないでしょうか。
理由としては、ハイドロキノンは保険適用外だからです。
ハイドロキノンは医療用目的ではなく美容目的となります。
健康保険というのは医療目的に設けられている制度であるため、ハイドロキノンは適用されません。
残念ながら今後もハイドロキノンが健康保険適用外のままでしょう。
クリアートのようにハイドロキノンをある程度薄めているものでない限り、非常に高価であることは変わらないと思います。
なので、処方されるものよりは普通に購入できるものの方が費用はかからないでしょう。

>>クリアートの詳細を見てみる

どのくらいの価格?

ハイドロキノンは処方されるものですと5gで2500円前後もします。
5gなので相当少ないです…
人によっては1ヶ月で1万円以上となることも…
なのでかなりの費用ですよね。
医療目的ならともかく美容目的なので更に財布のヒモも固くなってしまいますね。

更に病院代も必要

ハイドロキノンの価格も高いですが、病院の診察代もかなりのものです。
医師から処方されるお薬というのは定期的に診察してもらわなければなりません。
その人に本当に必要かどうかを診察しなければならないので当たり前ですよね。
処方されるものであるから当然です。
そのため、ハイドロキノンを処方してもらう場合はハイドロキノンの価格だけでなく病院代のことも考える必要があるのです。

どのくらいの費用かというのは人によって違いますが、下手すると初期費用で数万円ということもあるそうです。
なので少し覚悟が必要かもしれませんね。
裕福な人なら大丈夫ですが、そうでない人であれば市販されているハイドロキノンクリームを購入するのが良いでしょう。
クリアートは処方されるものと比べるとハイドロキノンの配合率は若干おちますが、配合されている量が多ければ多いほど良いという訳ではありません。
ハイドロキノンは非常に強力な成分です。
そのため、配合量が多いとちょっとした肌トラブルとなってしまう可能性もあります。
皮膚が弱い人であれば処方されているものではなく一般的に購入できるクリアートのようなハイドロキノンクリームの方が良いと思われます。

そもそもハイドロキノンって何?

ハイドロキノンとは、イチゴや麦芽、コーヒー等に含まれている天然成分の1つです。
ハイドロキノンには還元作用があるため、本来は写真の現像であったりゴムの酸化防止剤として使われるものでした。
還元作用というのは酸化を抑える作用であるため、身体の酸化も防げるというのがハイドロキノンを美容に使う時に発想だったようです。
身体の酸化とはつまり老いのことですね。
老化現象によって人の身体は錆びてしまいます。
しかし、この錆びをハイドロキノンで落とすことが可能なのです。

ハイドロキノンの働きは、シミの原因であるメラニン生成を行うチロシナーゼ酵素を阻害します。
メラニン色素を生成するメラノサイトを直接刺激して減少させる効果があるのです。
このハイドロキノンの素晴らしいところは、シミを予防するだけでなく消し去ることです。
つまり今できているシミにも効果があるということです。
基本的にはシミというものを予防するというのが美容の大事な部分です。
そのため、ハイドロキノンのようにシミを消し去るというのは難しかったです。
シミを薄くするということはできても、完全に消し去ることはできませんでした。
それこそクリニック等でレーザー治療をするしかありませんでしたね。
しかし、ハイドロキノンはそのような治療をしなくてもある程度のシミを消すことができます。
もちろんハイドロキノンを配合しているクリアートにもその効果があります。

ただ、ハイドロキノンにも消せない種類のシミはもちろんあります。
例えば肌の奥深くに色素沈着してしまったシミですね。
ハイドロキノンは表皮にのみ作用する効果を持っています。
若干の効果はあると思いますし、人によっては消えるかもしれませんが可能性はそこまで高くないでしょう。
色素沈着してしまったシミを消し去ることはできないと考えた方が良さそうですね。

ビタミンCとの違い

シミへの効果を期待できる成分としてはビタミンCの方が皆さん馴染みがあるかもしれませんね。
ハイドロキノンとビタミンCの違いをご紹介します。

まずビタミンCですが、ビタミンCは予防を前提としています。
ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制します。
そのため、肌にシミができないようにしようというのがビタミンCです。
今既に存在しているシミにはほとんど効果は期待できません。
もちろん全くない訳ではありませんが、大きな効果は期待できないでしょう。

次にハイドロキノンです。
ハイドロキノンは既にあるシミを取り除く効果を持っています。
メラニン色素が表皮に沈着している場合、ハイドロキノンを利用して消し去ることが可能です。

ただ、基本的にどちらかだけを選ぶ必要はありません。
クリアートにはビタミンCもハイドロキノンも両方が配合されています。
クリアートのようにどちらも配合されている商品は非常に多いため、両方を摂取することは意味があると言えるでしょう。

また、トレチノインという成分も併用されることが多いです。
ハイドロキノンの弱点としては、肌に浸透し辛いということがあります。
トレチノインはターンオーバーを促進して表皮内のメラニン色素を早く排出できます。
トレチノイン単体ではあまり意味がありませんが、ハイドロキノンと併用することにより更なる効果が期待できます。

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンには1つ注意点があります。
それが保管場所です。
ハイドロキノンは熱や光に非常に弱い性質を持っています。
そのため、ハイドロキノンを保管する場所は必ず日光の当たらない場所にしなればなりません。
もしも日の当たる場所に放置し続けてしまったら酵素と結合しやすくなってしまいます。

一番良い保管場所は冷蔵庫でしょうね。
しっかりと密閉してから冷蔵庫に保存する人は多いです。
冷蔵庫に入れておけば小さいお子さんもなかなか触れられないでしょう。
小さいお子さんがいる人はお子さんの手に届かないところに補完するということだけは必ず守りましょう。
補完の際にはくれぐれもご注意くださいね。

>>クリアートの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です