クリアートでのシミ対策とレーザー治療でのシミ対策を比較してみました!

クリアートは家庭で気軽にシミ対策ができる、シミケア専用クリームです。
現在は一つで様々な肌トラブルに対処でき、肌を保湿する効果も併せ持つオールインワン化粧品が人気で便利ですが、クリアートはシミだけに特化した効果を発揮します。

オールインワン化粧品のようにシミ以外には大きな効果が期待できないため、便利さで言えばオールインワン化粧品には敵いません。

しかしその分シミに対する効果はオールインワン化粧品と比べると圧倒的なため、すでにできてしまったシミを何とかしたい場合やこれからできるであろうシミを予防するのにはクリアートがかなり有効です。

シミ専用クリームなので他の症状への効果が無い代わりに、シミに対する力はすごいです。
しかし、シミを早く何とかしたい場合にはクリアートの他にも「レーザー治療」という方法もあります。

今回はクリアートとシミ取りレーザーの違いや特徴を調べてみましたので、クリアートを購入する、またはレーザー治療を考えているという方の参考になれば幸いです♪

>>クリアートの詳細はこちら

シミ取りレーザーの効果は?

目立つシミができてしまった場合、美白化粧品で時間をかけてシミを薄くしていくよりも、レーザーで一気にシミを取ってしまいたい!と思う人はやはり多いのではないでしょうか?
やはり徐々に効果が出るよりは即効性のある方が誰もが嬉しいはずです。

しかしレーザーについては、
「シミを取るという事ができるらしいけど、実際の効果とか値段とかはあまり良く知らない・・・」

という方が多いのも事実。

そこで、レーザーはシミに対してどんな効果があるのか?また、どんなシミに有効なのか?ということを紹介します。

 

レーザーで消せるシミ

シミ取りレーザーはどんなシミでも一様に取り除くことができるワケでは無いようです。
シミにはいくつかの種類があり、レーザーが有効なのは以下のシミです。

★老人性色素斑
主に紫外線が原因。シミといえば大体がこれです。顔や腕、手の甲にできます。★そばかす
遺伝によるものが多いようです。しかし紫外線を浴びることで濃くなったり増えたりするようです。

★脂漏性角化症
シミの一種ですがイボ状になっていて、年齢を重ねるごとに分厚くなっていきます。

★花弁状色素斑
背中や肩、胸元にできます。紫外線が原因であることが多いです。

逆に、レーザーがあまり効かないシミもあり、それが以下のものです。

★炎症性色素沈着
ニキビ跡や傷跡などが残り、シミになったもの。★肝斑
頬骨あたりに左右対称でぼんやりと比較的広範囲に現れるシミ。

レーザーはクリニックで行うものですが、どんなシミにも有効であるというわけでは無いようです。

炎症性色素沈着や肝斑はクリアートにも含まれている『ハイドロキノン』が有効なので、この場合はレーザー治療ではなくハイドロキノンが使われている美白化粧品を使うのが良いようですね。

>>クリアートの詳細はこちら

レーザー治療の種類と価格

シミ取りに使われるレーザーの種類はいくつかあり、それぞれに特徴があります。

 

YAGレーザー

2種類の波長のレーザーを使い分けるので、表皮・真皮のどちらのシミもしっかりと破壊できます。
基本的に1回の施術で終わります。ただ、治療後は1週間程患部に絆創膏を貼っておく必要があります。

消せるシミは老人性色素斑、そばかすです。タトゥー除去時にもこのレーザーが使われます。

価格は1センチ四方のシミで約30000円程が標準のようです。

施術中は肌に対して刺激があり、ゴムで弾かれているような刺激です。

 

Qスイッチルビーレーザー

皮膚の深い部分に照射できるレーザーで、濃いシミに効果的なレーザーです。
治療後は1日に1~2回軟膏を塗ってから、ガーゼなどで保護する必要があります。
実際にシミが取れるの手術後1週間~10日ほどかかります。

効果があるシミは広範囲なシミ、あざ、そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素斑です。先天性のあざにも有効です。

価格は大きさや施術するクリニックにより差があります。

肌にゴムを弾くような刺激があります。

 

フォトRF

メラニンに反応して効果を発揮します。組織を傷つけにくく肌に優しい治療です。
2~3週間間隔で数回に分けてレーザーを照射する施術なので、治療期間は長くなりがちです。

消せるシミはそばかす、くすみです。

自由診療(クリニックが自由に価格を設定できる)ため、価格差があります。

施術中はチクチクした痛みを伴います。

 

フォトフェイシャル

様々な周波数の光を顔全体に当てていく治療法です。厳密にはレーザーではありません。
施術後から回復までにかかる時間がほとんどありません。
光を数回照射していく治療のため、何回かクリニックに通う必要があります。

効果のあるシミはそばかす、くすみ、炎症性色素沈着です。

価格は1回で16000円ほどですが、クリニックにより価格差があるようです。

レーザーでは無いので痛みはほとんどありません。

 

レーザートーニング

非常に弱い力の光を当てる治療法です。レーザー治療では効き目が無いと言われていた肝斑にも有効です。
さらに、コラーゲンを生成する作用を助けてくれるため、シミを取るだけでなく肌のハリやキメも整え、施術後すぐにでもメイクをすることが可能です。

効果のあるシミは肝斑、色素沈着、くすみ等です。

価格はクリニックによりまちまちでかなりの価格差があるようです。

痛みはほぼ感じません。

 

炭酸ガスレーザー

局所麻酔をかけてから治療を行うので、施術中の痛みは全くありません。
1回の施術でキレイにシミが取れるという特徴もあります。
治療後は1週間~10日ほど塗り薬と絆創膏を貼る必要があります。

脂漏性角化症など、様々なシミに対して効果を発揮します。

価格は9mm四方のサイズで5000円以内で施術してくれるクリニックもあります。

麻酔注射の痛みはありますが、その後は全く痛くありません。

 

レーザーの種類と効果のまとめ

シミ取りレーザーの種類と、それぞれに効果のあるシミの種類をまとめました。

YAGレーザー:老人性色素斑(シミ)・そばかす・太田母斑
Qスイッチルビーレーザー:シミ・あざ・そばかす・脂漏性角化症・花弁状色素斑
フォトRF:そばかす・赤み・くすみ
フォトフェイシャル:そばかす・くすみ・炎症性色素沈着
レーザートーニング:かんぱん・色素沈着・くすみ
炭酸ガスレーザー:脂漏性角化症をはじめとした様々なシミ

>>クリアートの詳細はこちら

クリアートとレーザー、どっちが良い?

レーザーの良いところは、専門の人が治療をしてくれるため成果が出やすく、また即効性があるということです。
すぐにでも確実にシミを消したいという人には打ってつけの治療法となっています。

デメリットとしては価格が少し高い上にクリニックにより価格設定もまちまちというところです。
また、レーザーでは治療が難しかった炎症性色素沈着や肝斑も現在ではクリニックで治療することができるようになりましたが、即効性は他のレーザーと比べるとあまり無く、またその割に価格が少し高めなのでハイドロキノンなどが配合された美白化粧品を使った方が良いという場合もあります。

一方、クリアートは上述の通りハイドロキノンが配合されているので、炎症性色素沈着や肝斑などにも有効に作用します。
また通常のシミやくすみ、そばかすに対しても効果を発揮するので、自宅でシミ対策をしたいという方には特にオススメです。
また価格も公式サイトで定期購入した場合かなり割引されるので、コストパフォーマンスにも優れます。

デメリットとしては、即効性がレーザー治療と比べて無いことと、個人差があるのでどうしても人によって効果が出る早さにばらつきが出る点です。

お金はかかるがすぐにでもシミを取りたい!という方はレーザー治療を、
結果的にシミが取れれば良いからお金はかからない方が良いという方はクリアートを選ぶのが良いと思います♪

>>クリアートの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です