クリアートでのシミ取り対策のメリットやデメリットは?


美容化粧品を使ってもなかなか効果がでない、もしくはメイクでシミを消してバレないように生活していくなどコンプレックスを隠す努力をしている方もいらっしゃるでしょう。
ちょっとした外出や、友人と会うというだけでも億劫になってしまう。そういった毎日の積み重ねがストレスとなり、それが肌の健康を害す原因ともなりかねません。
もしシミがなくなれば自分の自信を取り戻し、今までとは違った明るい気分で毎日を過ごせるかもしれません。
自信がつくことにより、何にでもポジティブになれたりして肌も心も健康になっていきます♪

オールインワンな美容製品とは違い、シミを消すために開発されたクリアート。
他のシミを消す方法と比べ、そのメリットやデメリットを考えてみました。
さらにキングオブ美白成分と言われるハイドロキノンの効果や、そのデメリットも合わせて考えてみました。

>>クリアートの詳細を見てみる

シミを消す方法の種類

レーザー治療


シミ消しの即効性の高さはレーザー治療における一番のメリットとなるかと思います。
シミの種類や状況にもよって変わってきますが、1箇所数十分の短時間のうえ、早ければ1~3回程度の治療で改善が見られます。
さらにピンポイントで焦点を当てて照射するので、他の皮膚を傷つけることはありません。
強力なレーザーの為、シミの根本から壊滅させ、濃いシミでも治療することが可能となります。

しかし、いいことばかりではありません。
レーザーを使用したトラブルのほとんどは、シミが悪化したというものです。
レーザーにより肌の内部を攻撃するようなものなので、治療後の肌はとても敏感。
そのためアフターケアをきっちりしなければシミが濃くなった、新たにできてしまったという事を招きかねません。
具体的に言うと、紫外線にとても弱くなるので、紫外線対策防止対策を万全にし、軟膏などの薬が処方されるのであれば医師の指示に従いさらなるケアをしていく必要があります。
シミの種類によってレーザーの種類も変えなければいけません。
シミの種類の判断が難しく、医者の技術などによっては間違ったレーザー処方をされてしまい、効果がでてこない、最悪の場合はシミが濃くなるということも…。
そればっかりは自分でどうすることもできません。

お金もかけ、きっちりケアしてシミが無くなったとしても、もちろん今後シミが生まれる危険性は十分にあります。
紫外線だったり生活習慣など、シミを作ってしまう原因は日常に溢れています。
日頃のケアを怠らないように気をつけていかなければまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。

食事療法


メラニンの生成を抑制し、シミを薄く作用を持つビタミンCを摂ることはシミを消す為の基本となります。
ビタミンCは唯一の副作用がないビタミンとも言われるほどです。
さらにシミの予防の他、美肌対策としても効果を期待する事ができる栄養素になっています。
しかしビタミンCが含まれるレモンやオレンジ、セロリやきゅうりに関してはビタミンCが多く含まれている一方紫外線を吸収するという効果もあります。
そのため、これらは紫外線の影響を受けにくい夜に食べるよう心がける必要があります。

トマトやピーマンには、紫外線による肌のダメージを回復させてくれるリコピンが多く、大豆や鶏肉からは、メラニンの排出を促してくれるL-システインが多いのでこういったものも食事に取り入れていくことが効果的です。

逆に食事に取り入れると逆影響となるものもあります。
アボカドやリンゴ、バナナなどには、酸化する性質をもつチロシンが多く含まれています。
そういったものを食べ過ぎてしまうと、メラニン色素を生成させてしまう危険性があります。
さらに白砂糖、カフェイン、保存料もシミの原因となってしまうので多量摂取を控える必要があります。

食事の改善は肌の健康のケアの為には日々の努力が必要であり、なかなか直接的に影響がでるものではないので根気も必要です。
食べたいものを食べれない…ダイエットなどでも食事制限はとても大変で、かなり大変なものと言えます。

クリアートのメリットデメリット


クリアートの特徴と言えばなんといっても美白効果の強いハイドロキノンによるものかと思います。
しかし、ハイドロキノンが配合されていることは最大のメリットでもありデメリットでもあります。
ハイドロキノンの部分に焦点を当て、そのメリットとデメリットを考えてみました。

>>クリアートの詳細を見てみる

メリット


今まではアルブチンの美白成分が一番高いと言われていましたが、ハイドロキノンはその約100倍の効果を持つと言われています。
シミを発生させる細胞「メラノサイト」の働きを抑え、既にできてしまっているシミを薄くするという効果があります。
レーザー治療並みに効果があると言われていて、アメリカで主に扱われていましたが近年日本でもその存在に注目されるようになってきました。

デメリット

ハイドロキノンは効果が高い成分なだけに、注意すべき点もいくつかあります。

①炎症の可能性

敏感肌や乾燥肌の人が使用すると、強い成分であるので赤ら顔などの炎症が出てしまう可能性があります。
その為、使用する前には必ずパッチテストを行っていただくようお願いしています。

②安定性の悪さ

ハイドロキノンは酸素・熱・紫外線に弱く、酸化しやすいため保管には注意が必要となります。
高温多湿、直射日光を避け、密封で保管する必要があり、冷蔵庫の中で保管するのもいいかもしれません。
そして開封後は1ヶ月を目処に使用していただくことをお勧めしています。
因みに、使用していると薄い茶色に変色することがありますが、品質には問題がありません。

③紫外線に注意

ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまう可能性があります。
なので使用法に書いてあるように夜寝ている間の使用をお願いしています。

④白斑ができる可能性

ハイドロキノンの強い美白効果により、長時間使用する事によって白斑ができる可能性があります。
これも個人差によるので、寝ているだけではなく朝にもつけたりされる方には注意が必要になることも。

使用方の注意

洗顔後、いつもの美容ケアをした後にクリアートを使用していただくことになります。
綿棒などを使って、シミが気になる部分のみにスポット的に塗ってください。
また、厚く塗りすぎも注意してください。
クリアートの成分は非常に強力な為、指や手などについたクリームは必ず洗い流していただきます。。
基本的には夜の使用をお勧めしており、朝使う場合は日焼け止めなどの紫外線対策が必要となります。

パッチテストについて


もし体に合わなくて炎症が起きてしまってはいけないので、使う前にパッチテストをしてみるのが重要です。
簡易的なテストなら、自宅で簡単にご自身で行っていただくことができます。

①清潔な状態の皮膚の薄い場所、手首の裏や二の腕に少量クリアートを塗る。
※この時点で肌に反応がある場合はパッチテスト自体もやめましょう
②塗った上から絆創膏を貼る。
③1~2時間放置して反応を見てみる。
ここで赤み・かぶれ・ヒリヒリなどの反応が出た場合は、クリアートの使用は行わない方がいいでしょう。
④洗い流す。
そのまま放置してしまうと、白斑になるなどの危険性があるので必ず洗い流しましょう。

ただしパッチテストで特に反応が見られなくても、実際に顔に使ってみたら反応が起こることもあります。
なので、あくまでも参考程度にしておき、使用し始めは肌の反応も気にしながらの使用をお願いします。

クリアートのメリット・デメリットのまとめ

レーザーはお金もかかるし、シミが悪化するという可能性があり、食事療法は根気と努力が必要で、なかなか直接的に反応が出ないので諦めてしまう人も多いです。
クリアートは美白効果の強いハイドロキノンによりレーザー並の効果が出る場合もありますが、強い成分の為に肌に合わない人や白斑の危険性もあります。
自分に合っているかパッチテストを行い、肌の様子をみながら使用していただく必要はありますが、それでもレーザーに比べれば安くて比較的安心、食事療法に比べると効果もハッキリするため、クリアートを使用するメリットは大いにあると言えるかと思います♪

>>クリアートの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です